MENU

Canvaの便利機能「グループ化」の設定と解除手順を完全マスター

「素材の配置をうまく設定できない」

「素材を一つ一つ動かすのが面倒」

そんなときに便利な機能が「グループ化」です。

素材をまとめて移動させたり、フォントや色を一括で変更できるなど、Canvaを使う上で必須機能です。

しかし、グループ化はふんわり理解されることが多く、活用方法の全貌を理解している方はあまりいません。

本記事でなら、グループ化を完全にマスターすることが可能です。

しかも、プロのデザイナーが画像付きで解説するため、真似するだけでマスターできます。

必要なときに何度でも真似できるようにブックマークして、Canvaの便利機能をマスターしてくださいね。

目次

​​​​​​​​Canvaの便利機能「グループ化」の基本手順

Canvaの便利機能「グループ化」の基本手順

素材をひとまとめにできるCanvaの便利機能「グループ化」

ここからはパソコン版・スマホ版それぞれのグループ化の手順を解説します

初めてグループ化に挑戦する方は、ぜひ記事を読みながらいっしょにトライしてみてくださいね。

パソコンの場合

パソコンでグループ化をする方法には「フローティングメニュー」と「右クリック」の2パターンがあります。

一つずつ見ていきましょう。

STEP1.グループ化したい素材を全て選択

まずはグループ化したい素材を選択しましょう。

パソコンの「Shiftキー」を押しながら、素材を一つずつ選んでいきます。

グループ化したい素材をすべて選ぶ

STEP2-1.フローティングメニューから「グループ化」をクリック

素材を選択すると、選択した部分のすぐ上に出るフローティングメニューに「グループ化」の項目が出現します。

フローティングメニューから「グループ化」を選択。

そちらをクリックすれば、グループ化の完成です。

グループ化完成。

STEP2-2.選択した素材の上で右クリック>「グループ化」をクリック

選択した素材の上で右クリックすると、タブの中に「グループ化」の項目が見つかります。

素材の上で右クリックすると、グループ化の項目が見つかります。

そちらをクリックしてもグループ化ができますよ。

グループ化の完成。

スマホアプリの場合

スマホアプリでのグループ化の手順をご紹介します。

STEP1.素材を長押しで「もっと見る」を開く

グループ化したい素材を1つ選び、長押しします。

素材を長押しして「もっと見る」を開く。

下部に「もっと見る」のメニューが出るので、「複数選択」をタップしましょう。

ちなみに、「もっと見る」は任意の素材を選んだ時に画面下に出ているエディターメニューを右にスクロールしたところにもあります。

STEP2.「複数選択」>グループ化したい素材を全て選択

「複数選択」をタップすると、ボタンに数字が表示されます。

複数選択をタップし素材を選ぶ。

この数字は、現在選択されている素材の数。

ひとまとめにしたい素材を全て選んでくださいね。

STEP3.「もっと見る」の中の「グループ化」を選択

素材を選び終わったら下部の「もっと見る」から「グループ化」のボタンをタップします。

下部の「もっと見る」から「グループ化」のボタンをタップします。

これでスマホアプリでのグループ化の完成です!

グループ化の完成!

Canvaの「グループ化」を解除する手順

Canvaのグループ化を解除する手順。

Canvaのグループ化を解除する手順について、パソコン版・スマホアプリ版それぞれで解説します。

パソコンの場合

パソコンでグループ化を解除する方法には、「フローティングメニュー」と「右クリック」の2通りがあります。

グループ化した素材の上で左クリックをすると現れるフローティングメニューに「グループ解除」の項目があるので、そちらをクリックしましょう。

グループ化の解除。

グループ化を解除できました。

グループ化の解除完了画面。

グループ化した素材の上で右クリックして出るタブの中にも「グループ解除」のボタンが出るので、そちらをクリックする方法もあります。

素材の上で右クリックをして、タブの中から「グループ解除」を選択する。

グループ化を解除できました。

グループ化解除。

どちらの方法も「グループ化をしたときと反対の手順」と覚えておいてくださいね。

スマホアプリの場合

グループ化した素材の一部をタップし、「グループ解除」のボタンをタップします。

グループ化の解除の画面。

これだけで、グループ化を解除できました。

グループ化の解除の様子。

近くに「グループ解除」ボタンが表示されない場合

グループ化した素材の一部を長押しして、下部に「もっと見る」メニューを表示させます。

グループ化の解除の手順。

「グループ解除」ボタンを選んでタップします。

グループ化の解除をタップする。

グループ化を解除できました。

グループ化の解除の完了画面。

Canvaでグループ化を使うべき3つの場面

Canvaでグループ化を使うべき3つの場面

Canvaでグループ化をするメリットは、バラバラだった複数の素材を一つの素材として扱えること。

だから作業の効率化時短ができるほか、デザインの統一感を出すのも簡単です。

以下ではグループ化を使うべき場面を3つご紹介します。

素材の移動・回転を一括でしたい時

素材を一つずつ移動・回転させていると時間がかかりますし、理想のデザインとずれたりすることも。

グループ化を使うと素材の移動や回転が一括ででき、作業の時短につながります。

また、デザインを崩すことなく動かせるのでストレスフリーです。

フォント・色の変更を一括でしたい時

複数のテキストボックスをグループ化するとフォント・色の変更が一括でできます。

テキストボックスごとにフォントや色がバラバラな状態でも、そのままグループ化してしまいましょう。

グループ化した後に使いたいフォントを選ぶと、一括で揃えられます。

文字の色も同様に一括で揃えられるので、デザインに統一感を出すのも簡単です。

一つずつフォントや色を変更するのは大変ですが、グループ化すると手間がかからず時短になりますよ。

アニメーション設定を同時にしたい時

グループ化せずに複数選択した状態のままだと、アニメーションはバラバラに動きますが、グループ化すれば同時に動かすことができます。

設定方法は簡単です。

アニメーション設定したい部分をグループ化しましょう。

アニメーション設定をしたい部分のグループ化。

上部のツールバーの「アニメート」をクリック。

アニメーションを同時に設定するときのグループ化。アニメートを選択。

左側からお好きなアニメーションを選んで完成です。

表現したい動きに合わせてグループ化をすることで、デザインや表現の幅が広がります。

ショートカットキーでグループ化と解除を瞬時に行う方法

パソコンでは、ショートカットキーを使うとグループ化と解除が一瞬でできます

WindowsとMacでは異なるので、以下の表を参考にしてくださいね。

ショートカットキーでグループ化と介助を瞬時に行う方法。

マウスでクリックしなくても、キーボード上でできるからさらに時短に。

覚えておくと便利ですよ!

Canvaのグループ化をさらに使いこなす3つのポイント

Canvaのグループ化をさらに使いこなる3つのポイント。

便利で時短ができるCanvaのグループ化。

ここからは、グループ化をさらに使いこなすためのポイントを3つご紹介します。

知っているとCanvaをもっとスムーズに扱える小技たちです。

グループ化を解除しなくても素材ごとの編集は可能

グループ化をした後、素材の色やフォントを個別に変えたくなることがあります。

そんなとき、グループ化を解除して素材を一つずつ編集していませんか?

グループ化を解除しなくても素材ごとの編集は可能です。

グループ全体を選択したら、編集したい個別の素材を選択します。

選んだ素材だけ個別で素材の色が変えられました。その他にも、フォントの大きさや文字の色も同じ操作で簡単に変えられます。

グループ化を解除する手間がなくなり、時短になりますね。

ぜひマスターしたい機能です。

選びにくい素材も「レイヤー」から一発選択!

素材が細かくて、クリックやタップで選びにくい……という場面。

Canvaを使っているとよくあるシーンなのですが、そんなときには「レイヤー」を使うと一発で選択できます。

パソコンの場合

パソコンではメニューバーの「配置」をクリック。

メニューバーの「配置」をクリックしているスクショ。

「レイヤー」で素材を一覧から選択できます。

「レイヤー」で素材を一覧から選択している様子。

または右クリックで「レイヤー>レイヤーを表示」をクリックします。

「レイヤー」を選んで「レイヤーを表示」を選択している画面。

こちらの方法でも「レイヤー」で素材が一覧表示されます。

スマホアプリの場合

スマホアプリの場合は画面下のメニューから「レイヤー」をタップしてください。

「レイヤー」のボタンを選択する画面。

使用している素材が一覧で出るので、動かしたいレイヤーを長押ししながら移動させましょう。小さな素材も簡単に選べますよ。

どこをグループ化したか「レイヤー」でチェック

さまざまな素材を組み合わせていくうちに構成が複雑になると、どこがグループ化した部分だったかな?と分からなくなってしまうことがあります。

そんなときにも「レイヤー」を使うと便利です。

パソコンではメニューバーの「配置>レイヤー」

「配置」を選択し、「レイヤー」を選択している画面。

または右クリックで「レイヤー>レイヤーを表示」をクリックします。

「レイヤー」を選択し、「レイヤーを表示」を選択する手順。

グループ化されている素材には右端にグループマークがついているので、グループ化されている部分が一目で分かりますよ。

グループ化されている素材にはグループ化されていることがわかるマークがついている。

スマホアプリの場合は画面下のメニューから「レイヤー」をタップします。

「レイヤー」を選択している画面。

レイヤーの一覧が表示され、右端にグループマークがついている素材をタップするとグループ化している場所を確認できます。

「グループ化」されていることがマークによって表現されている。

グループ化と合わせて使うべきCanvaの時短・効率化機能

グループ化と合わせて使うべきCanvaの時短・効率化機能

Canvaには、グループ化以外にも時短・効率化できる機能が盛りだくさん

こちらでは、豊富な便利機能の中から厳選して5つの機能をご紹介します。

Canvaのプロからも便利と評判の機能たちです!

①よく使うショートカットキー一覧

パソコンではショートカットキーが使えます。

効率よく作業するためにも、覚えておくと便利です。

ショートカットキーの一覧

②エフェクト機能でワンクリック文字加工

おしゃれに文字を加工したいときは「エフェクト機能」を使うのがおすすめです。

ワンクリックするだけで文字が引き立ち、一瞬で見栄えが良くなりますよ。

パソコンは上部、スマホアプリは下部にあるエフェクトボタンを押して、お好みの加工を選びましょう。

文字加工機能について。

③ロック機能で効率アップ

テキストや素材の1つだけを動かしたいのに、動かすつもりがない他の素材までいっしょについてきてイライラ……という場面も少なくありません。

せっかく作ったデザインは、1ミリもずらしたくないですよね。

そんなときには「ロック機能」を使うとスムーズです。

ロック機能を使うとロックした素材は動かなくなるので、思い通りに作業をすすめられますよ。

Canvaのロックには「素材単位」と「ページ単位」の2種類があります。

素材単位のロック機能

ロックしたい素材を選びます。

複数の素材をロックしたいときは、Shiftキーを押しながら選びましょう。

複数の素材をロックするときは、Shiftキーを押しながら選ぶ。

フローティングメニューの「もっと見る」をクリックし、

フローティングメニューの「もっと見る」を選択。

「ロック」を選びます。

ロックを選んでいる画像。

素材を選択した後、右クリックで出るタブから「ロック」をクリックする方法もあります。

別の方法。右クリックを選択してからロックをする。

また、右上のロックマークからロックも可能です。

右上のロックマークからロックをする。

ちなみにロックには以下の2種類があります。

  • 1回クリック「位置だけをロック」(素材の編集はできる)
  • 2回クリック「ロック」(位置も素材の編集もできない)

ロックをかけた素材は動かなくなり、フローティングメニューにも「ロック」マークしか表示されなくなります。

ロックがかかっている画面。

ロックを解除したいときはロックした素材をクリックし、フローティングメニューの「ロック解除」をクリックしましょう。

ロックがかっている素材のロックの解除の仕方の手順。

ロックされている素材の上で右クリックをしても、通常のようにタブが出ませんので注意してください。

ページ単位のロック機能

次にページ単位のロック機能について説明します。

まず、ページ下の三角マークを押してページ一覧を表示させます。

ページ単位のロック機能について。
1ページをロックする。

点3つから「1ページをロック」を2回選択するとページ丸ごとロック完了です。

1回選択では「位置のみロック」となります。

ロックを解除したいときは、画面上に表示される「1ページをロック解除」をクリックするか、上のメニューからロックマークをクリックすると解除できます。

ページロックの解除手順。

鍵が外れたアイコンに変わったら、ロック解除の完了です。

ページロック解除の完了画面。

④全カラー・フォントを一発変換

デザイン作成を進めている途中で、フォントやカラーを変えたくなることもあるはず。

特にいくつもデザインを作ったときに、それまでのフォントやカラーを手作業で1つずつ変更していくのはとても大変です。

そんなときに使いたいのが「全カラー・フォントの一括変換機能」。

スライド内で使っている同一のフォント・カラーを一瞬で変えられます。

スライド内でフォントを変えたいテキストを選択したら

全フォントを一括で変換。

新しいフォントを選びます。

新しいフォントを選ぶときの手順。

すると、左のフォントパネルの一番下に「すべて変更」ボタンが出るので、そちらをクリックします。

すべて変更を選択すると、すべての変更を1回でできる。

これで、スライド内で同一フォントを使っている部分を一括変換できます。

フォントが変更された画面。

カラーの変更も同じ手順です。

カラーを変えたい部分を選択して、好きなカラーを選びます。

カラーを変更する手順。

左側のカラーパネルのいちばん下に「すべて変更」ボタンが出たらクリック。

すべて変更を選択する。

全てのページの同じカラーを使っている箇所が、一気に変えられます。

一括で変更が完了できた画面。

デザインを統一できるのはもちろん、時短もできる便利な機能です。

⑤スタイルコピーで世界観統一

Canvaの豊富なデザインをいろいろと見ているうちに「この雰囲気、真似してみたいな」と思える素材や配色に出会うことがあります。

お気に入りの雰囲気を自分のデザインに一瞬で反映できるのが「スタイルをコピー」機能です。

写真や素材の色や透明度、テキストのフォントやサイズ、エフェクトなどのスタイルをそのままコピーできるから、憧れの世界観づくりも簡単。

「スタイルをコピー」をマスターできれば、デザインがもっと楽しくなりますよ。

まず、気になった素材やテキストを選択します。

スタイルをコピーする手順。

フローティングメニューまたは上部にあるツールバーから「スタイルをコピー」をクリック。

スタイルをコピーするを選択。

右クリックで出るタブから「スタイルをコピー」をクリックする方法もあります。

右クリックで出てくるタブからスタイルをコピーする方法もある。

「スタイルコピー」ができたら、スタイルを反映させたい素材やテキストをクリックします。

フォントや色、エフェクトを簡単にコピーできました。

まとめ

Canvaの便利機能「グループ化」について、基本から応用まで全てご紹介しました。

「配置がうまくいかない」「時間がかかる」というCanvaの悩みを解消するには、グループ化をマスターするのが必須です。

グループ化を使いこなせるとCanvaの作業がスムーズになり、生産性もぐっと上がります。

しっかりと身につけるためには、何度も真似するのがいちばんの近道。

本記事をいつでも読み返して、グループ化をマスターしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次