MENU

インスタでハッシュタグがフォローできない5つの原因・対処法

「いつもできていたハッシュタグのフォローが急にできなくなった」

「ハッシュタグをフォローできると聞いたけど、どんな手順でできるの?」

と困っていませんか?

不具合やエラーでインスタが思うように使えないと不便ですし、効率よく作業できませんよね。

この記事では、インスタでハッシュタグがフォローできないときの原因と対処法をくわしく解説します。

実は、ハッシュタグがフォローできない原因は思っている以上にシンプル。

スマホを片手に記事を読みつつ、落ち着いて解決していきましょう。

さらに、フォローにつながるハッシュタグのつけ方のコツもご紹介します。

アカウントと相性の良いハッシュタグをつければたくさんの人に投稿を見てもらえるようになり、フォロワーの増加につながりますよ。

何度も読み返せるように、まずはブックマークしてご覧くださいね!

目次

インスタのハッシュタグがフォローできない時の原因と対処法

まずは、Instagramのハッシュタグがフォローできないときの原因と対処法を具体的に5つ解説します。

ひとつずつ確認しながら読み進めてくださいね。

インスタの不具合が発生している

ハッシュタグのフォローが突然できなくなった原因として、Instagramでの不具合発生が挙げられます。

ハッシュタグのフォローができないときには、まずInstagramで不具合やエラーが起こっていないか情報収集をしましょう。

X(Twitter)で検索するとリアルタイムの情報が集まります。ハッシュタグがフォローできずに困っている人の声が見つかれば、不具合の可能性が高くなります。

同時にInstagramの公式X(Twitter)もチェックしておくと安心です。

Instagramに不具合がある場合にはユーザー側にできることはないため、不具合が解消されるまで待つしかありません。

インスタをアップデートしていない

Instagramのアプリをアップデートしていないと、不具合が発生しやすくなります。

最新のバージョンにアップデートすると、ハッシュタグを再びフォローできるようになることも。

特にアプリのアップデートを手動でしている方は、必ずチェックしてくださいね。

アプリの最新バージョンへのアップデートは

からできます。

バージョンが古い場合は「更新」ボタンが表示されています。

「更新」してからハッシュタグをチェックしてみましょう。

端末をアップデートしていない

Instagramのアプリと同様に、スマホの端末本体をアップデートしていないと不具合が起こりやすくなります。

Instagramアプリのバージョンは最新なのに、端末のOSバージョンが古いままだと互換性を保てずにアプリ内でエラーが起きてしまう場合も。

OSのバージョンアップを後回しにしがちな方は要注意。忘れずにチェックしましょう。

以下ではiPhoneとAndroid、それぞれのアップデートの手順をご紹介します。

ぜひお手元にスマホを用意して読み進めてみてくださいね。

【iPhoneの場合】

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップ
  4. 「今すぐアップデート」をタップ
  5. パスコードを入力して最新バージョンにする

【Androidの場合】

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「端末情報」をタップ
  3. 「システムアップデート」をタップ
  4. 「ダウンロードとインストール」をタップして最新バージョンにする

OSのバージョンアップは通信量が多いため、Wi-Fiがある場所でおこなうのがおすすめです。

通信環境が悪い

通信環境が悪いときはエラーが発生しやすく、「フォローする」のボタンを押してもフォローできないことがあります。

電波が不安定な場所や、地下や山奥など電波の届かない場所にいる時は、通信環境の良いところに移動してみましょう。

お店や施設などで公共のWi-Fiに接続している場合には、一旦解除してみるのもおすすめです。

Androidの端末を使用している

ハッシュタグがフォローできないのは、Androidの端末が原因となっていることも考えられます。

過去にInstagramのハッシュタグがフォローできない現象が起こったとき、そのユーザーの大半がAndroid端末を使用していたということがありました。

AndroidのInstagramアプリ内でエラーが起こっていた可能性があります。

ハッシュタグをフォローできないときには、自身が使用している端末の種類を確認しましょう。

もちろん、Android端末だけで不具合が起こる訳ではなく、iOS版のアプリでもあり得ることは理解しておいてくださいね。

上記でハッシュタグがフォローできない場合の対処法

ご紹介した5つの方法を試してもハッシュタグがフォローできないときには、アプリではなくブラウザ(GoogleChromeやSafariなど)を使うとフォローできる可能性が高まります。

以下では、スマホを使ったブラウザ版Instagramでのハッシュタグのフォロー方法を順番に解説します。

【ブラウザ版Instagramでのハッシュタグフォロー手順】

1.ブラウザで「インスタ」「Instagram」などで検索して、Web版のInstagramを表示させる

2.リンクをタップしてログインする

リンクをタップすると自動的にアプリに遷移することがあります。

その場合にはリンクを長押しして「開く」か「新規タブで開く」から開くとブラウザ版のログイン画面が表示されます。

3.虫めがねマークからフォローしたいハッシュタグを検索して「フォローする」ボタンを押す

ボタンが「フォロー中」に変われば、ハッシュタグのフォロー完了です。

ブラウザ版ではプロフィール画面の「フォロー中」>「ハッシュタグ」からフォロー中のハッシュタグを確認できます。

ブラウザ版でフォローしたハッシュタグはアプリでも見られます。

セキュリティが気になる方は、ハッシュタグのフォローが終わったらログアウトすると安心です。

ブラウザ版でログアウトしてもアプリではログアウトされないので、いつも通り使えますよ。

フォローにつながるハッシュタグをつける2つのコツ

ハッシュタグフォローを使うと、インスタ運用の分析やリサーチが効率よくできて便利です。

さらに投稿にハッシュタグをうまく使うことで、アカウントのフォローにもつながるんです。もっとアカウントを伸ばすには相性の良いハッシュタグをつけるのが大切。

以下では、フォローにつながるハッシュタグのつけ方のコツを2つご紹介します。

大タグ・中タグ・小タグをバランスよくつける

ハッシュタグの種類は、キーワードのボリュームで「大タグ」「中タグ」「小タグ」の3つに分類されます。

【ハッシュタグのボリューム目安】

  • 大タグ:5万〜
  • 中タグ:5,000〜5万
  • 小タグ:〜5,000

運用初期なら、ハッシュタグは1投稿につき15〜30個が目安。

必要以上にたくさん付ける必要はありませんし、大中小バランスよく付けるよう心がけましょう。

大タグとは「多くの人が使っているタグ」のことで、このタグに上位表示されると多くの人に投稿を見てもらえるチャンスです。

ただし、その分タグを使用している人も多いということ。競争率が高いので、大タグは全体の1/3程度までにすると良いでしょう。

中タグは例えば「カテゴリーや地域別のタグ」のことです。そのカテゴリーに興味を持っている人に認識されやすく、大タグと比べて上位表示されやすいのが特徴です。

自身のアカウントに合った中タグを見つけて、ターゲットに届きやすい投稿にしましょう。

小タグは「アカウントに関するニッチ※なタグ」のことで、オリジナルのタグやコアなファン向けに使われています。

※ニッチ:規模の小さい、狭い範囲

アカウントの発信内容に合った相性の良いタグや、ポジションを取っていきたい分野のタグを組み合わせましょう。

例えば、こちらのハッシュタグの内訳はこのようになっています。

大タグ(11個)SNSマーケティング・フリーランスの働き方・仕事術・オンラインスクール・
ママの勉強垢・ビジネススキル・SNS運用代行・在宅ワーク・
フリーランスになりたい・フリーランス女子・自由な働き方
中タグ(7個)インスタ集客講座・インスタ集客テクニック・在宅ワーク始めたい・
理想の働き方・お仕事女子・オンライン秘書・スキルアップしたい
小タグ(3個)リモラボ・マーケティングスクール・働き方を変えたい

「フリーランス」「ビジネス」のポジションで、「インスタ集客」に興味を持つ方に向けた発信ということがわかりますね。

小タグでニッチな層へのアプローチもしています。

効果があるハッシュタグをみつける

アカウントとの相性が良い、効果があるハッシュタグを見つけるには、タグを少しずつ入れ替えて検証していく必要があります。

【効果があるハッシュタグを見つける手順】

  1. 関連するハッシュタグやキーワードで検索する
  2. 参考にしたいハッシュタグ(大中小)をピックアップする
  3. 2のハッシュタグを使って投稿する
  4. 投稿インサイトでハッシュタグ流入数を確認しながらハッシュタグを1つずつ検証し、効果があるものを残していく

投稿ごとに、インサイトの「リーチ」欄にある「ハッシュタグ」の部分を確認して検証しましょう。

大タグ、中タグ、小タグの組み合わせを作ったら、ハッシュタグは1つずつ取り替えながら検証するのがポイントです。

まとめて複数変えてしまうと正しく検証できません。時間はかかりますが、地道に効果のあるハッシュタグを見つけていきましょう。

まとめ

今回はInstagramでハッシュタグをフォローできないときの原因と対処法についてご紹介しました。

ハッシュタグがフォローできない主な原因は

  • Instagramに不具合が発生している
  • アプリのバージョンが古い
  • 端末のOSのバージョンが古い
  • 通信環境が悪い
  • Androidの端末を使用している

の5つ。

アプリやOSのバージョンアップや通信環境の確認、不具合の解消まで待つことで解決できます。

スマホやパソコンのブラウザからInstagramを開いてハッシュタグをフォローするのも良いですね。

あわせてご紹介した、フォローにつながるハッシュタグのコツをマスターすれば、インスタ運用が効率よく進められます。

アカウントを伸ばしたい方は、普段の運用にいますぐ取り入れてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次